元ハンコ屋が伝授する印鑑のいろは

独立して会社を作るなら必須となる法人印の作成方法と登録方法を伝授!

独立して会社を作るなら必須となる法人印の作成方法と登録方法を伝授!


法人印とは

法人印とは、会社を設立する際に法務局に登録した印鑑のことであり、個人が市区町村に登録する実印の会社版といえばイメージがしやすいでしょう。
ちなみに個人でいう実印は、法人の場合は代表者印と呼ばれています。
ただし、代表者印だけでなく銀行印や角版などをまとめて法人印と呼ぶこともあります。

法人印は取引先や金融機関など契約を交わす際に利用されることが多く、実務で使われる頻度が多いことから代表者が管理するよりも、総務等が保管・管理していることが多いです。
これから、起業して法人化の道を選ぶ人は法人印が必須となるので、ここでは法人印の作成方法を紹介していきたいと思います。

法人印鑑登録の手順

印鑑を法務局に登録して法人印にするための流れについて説明していきます。
まず、設立登記の際に管轄の法務局へ印鑑を届出が必要なため、登記する前に印鑑は準備しておきましょう。
法務局ならどこでも良いというわけではなく、営業所のある地域を管轄する法務局になるため注意してください。

なお、法人印鑑の登録申請を行うには、代表者個人の実印と3か月以内の印鑑登録証明書が必要になるのでお忘れなく。
なお、設立登記と代表社印の登録が無事に終わったら、次に管轄の法務局で印鑑カードの交付手続きが必要です。
印鑑証明書は登記簿謄本と同じくらい実務で利用する機会が多いので、法人印鑑カードを事前に取得しておくと、実務で必要になった際もスムーズに取得することができます。

印鑑カード交付申請書に記入して法務局窓口に提出すれば、即日発行が可能です。
以上のように、個人と実印登録と同じように法人印の場合も法務局へ届出を行い、印鑑カードをもらう流れとなります。
では、次は法務局に申請する印鑑の作成ポイントを伝授していきます。

おすすめの作成方法

法人印は、個人の実印と同様に、代表者印と銀行印を同じ印鑑で使用することが可能です。
ただし、1つの印鑑で実印と銀行印の両方を担うのは非常に危険なので、リスク分散の意味でもそれぞれの印鑑を用意しておきます。
個人よりも重要な契約書を交わす機会が多かったり、銀行で管理するお金が高額だったりと悪用され場合のリスクは個人に比べて非常に大きいです。
そんなリスクを少しでも抑えられるよう、ここでは法人印の中でも代表社印の作成について解説していきたいと思います。

まず、代表者印の場合は印面の外側に「会社名」、内側に「代表取締役印」と彫るのですが、これらは印鑑作成の際にガイドしてくれるのでそこまで問題はないでしょう。
もちろん、カタカナや英語表記でも問題ありません。

ネットの印鑑ショップ等で買うときに特に迷うのが素材、字体ならびにサイズです。
素材もたくさん種類があるので迷いがちですが、黒水牛やチタンで作っておくと無難かもしれません。

字体については偽造などを防止するためにも複雑なデザインの書体を選ぶことが重要です。
個人の実印でもよくおすすめされている隷書体や吉相体であれば問題ないでしょう。

サイズについては、法人印の場合は上記でも少し触れましたが、目的に応じて複数の印鑑を作成することになります。
代表的なのが代表者印、法人銀行印、角印です。
この場合、それぞれの印鑑が混同してしまわないよう、サイズを変えて作成するのが主流です。
一般的には、「法人銀行印<代表者印<角印」の大きさになるように作成します。
おすすめのサイズは下記のような大きさです。

法人銀行印 代表者印 角印
18.0mm 21.0mm 24.0mm

代表者印は印影サイズが10.0mm~30.0mmと定められていますが、上記のサイズで作られる傾向があるので、迷ったらこちらのサイズで作成すると良いでしょう。

法人印鑑はセット購入がお得

法人印鑑は、代表者印・銀行印・角印の3種類が一般的ですが、必要に応じて1つずつ作成するよりもまとめて同時に作成したほうがお得なのをご存知でしょうか?
最近は格安価格で上等な印鑑が作成できるとインターネットの印鑑通販ショップが非常に人気ですが、サイトを見てもわかる通り法人印の場合はセット割を適用しているお店がほとんどです。
しかも、セットで作成すれば印鑑ケースも無料で付けてくれることが多いので、余計な支出を抑えることができます。
法人印鑑一式は、会社設立時に必要になるため資金に余裕がない人も多いのではないのでしょうか。
そんな時だからこそ、無駄な支出を抑えながら質の高い法人印鑑を用意するためにも、セットで購入することをおすすめします。

下記におすすめの通販ショップが紹介されているので、ぜひ参考にしてみてください。

人気の印鑑通販ショップはこちら

Profile

サービスエース

サービスエース

脱サラ開業で一国一城のあるじを実現中。倒産しないよう頑張ります。

Latest Topics

Topics

page top