★独立開業をするにはどうしたらいいの!?起業するメリット・デメリットは?★

高度経済成長は終焉を告げ、近年では、リーマンショックや東日本大震災の影響で、会社の倒産や転職市場の活発化などがあり、終身雇用制は崩壊したと言っても過言ではありません。転職は今や常識となっており、より良い条件の環境を求める人が多いですが、その中でも特に、脱サラして自分で独立開業する人も増えてきています。近年では、インターネット革命に伴うIT化が進んだことで、より少ない開業資金で、パソコンを武器に稼いでいる人も少なくありません。独立開業に必要な資金は、開業する業界によって大きく異なりますが、300万円前後が最も平均的な金額となっています。IT業界のようにパソコンとインターネット環境で開業できるならば、必要資金も少なくて済みますが、飲食店のような実際の店舗や従業員を雇う必要がある場合には、ある程度の資金が必要となってきます。また、独立開業する場合は、リスクをいかに低く抑えるかがポイントで、リスク管理を重点的に検討していくことが重要です。小売りやコンビニで独立開業する際にフランチャイズ契約をする場合は、既存の大手企業からすでに成功しているノウハウを手に入れることができるので、リスクを低く抑えることができます。フランチャイズ契約は、きめ細やかな経営指導を受けることができるメリットがありますが、店舗の細かい部分までフランチャイズ提供企業の指導があるため、自由度が低いデメリットもあります。成功するためには、様々な要素が必要ですが、「ヒト・モノ・カネ」に加えて情報が、特に重要な成功要因と言われています。独立開業は、多くの資源を使って実行することになりますが、重要な成功要因を上手く活用することで、こうした資源を基に大きく成長できる事業を興すことができます。

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>